ガジェット

【2018年版】おすすめゲーミングキーボードを部門別にまとめて紹介!青軸・コスパ・MMO用など

みなさんこんにちは。

今回はPCゲーム歴十数年の僕が、おすすめゲーミングキーボードを部門別に紹介します。

部門別に分けているのは、一口にゲーミングキーボードと言っても用途によって様々な製品があるためです。

価格についても同じで、5,000円以下で買えるものから20,000円以上の高価なモノものまで、まさにピンキリです。

そんなわけで、「ゲーミングキーボードが欲しいけど、たくさんありすぎてどれを買えばいいのか全然分からない…」と迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゲーミングキーボードについて

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違い

  • キーの入力遅延が少ない
  • 複数キーの同時入力を認識する
  • ショートカットキーのカスタマイズが可能
  • 長時間プレイでも疲れにくい設計

ほかにも細かい点はいくつかあるものの、大きなウェイトを占めるのはこの4つです。

ゲーミングキーボードにおける「軸」の種類

ゲーミングキーボードには、「青軸」「赤軸」「茶軸」と呼ばれる種類があります。

青軸スイッチ感が強く、打鍵音が大きい
赤軸スイッチ感が弱く、打鍵音が小さい
茶軸上記2つの中間

この「◯軸」という概念はゲーミングキーボードを選ぶ際、とても重要になってくるので覚えておいてください(軸によって使い心地が変わってきます)。

ちなみに、よくゲーム配信者のマイクから聞こえてくる「カチカチ!」としたスイッチっぽい打鍵音は、だいたい「青軸」の音です。

「あのカチャカチャした音カッコイイなぁ⋯」と思う人も結構いるはず!

そんな人は青軸のゲーミングキーボードを選びましょう。

おすすめゲーミングキーボード:青軸部門

North Crown X-1(North Crown)

まずは「とりあえず青軸で良い音聞きたい!」という方へ。

青軸のゲーミングキーボードは基本的に高価なものが多いんですが、このゲーミングキーボードは比較的安価です。

僕も過去このキーボードを使っていて結構お気に入りでした。

打鍵音も青軸特有のスイッチ音がしっかり鳴りますし、打鍵感も悪くありません。Amazonのレビューコメント欄にタイピング動画をアップしている人がいるので、気になる方は視聴してみると良いかもしれません。

打鍵音はかなり大きいので注意です(同居人がいる場合は特に)。

おすすめゲーミングキーボード:コスパ部門

G213 Prodigy RGB(ロジクール)

高いレスポンス性(一般的なキーボードと比較すると最大4倍の入力スピード)と、カチカチと気持ち良い打鍵感が特長のゲーミングキーボードです。

値段のわりに安っぽさがなく、性能も申し分ありません。安定のロジクール製品で品質も◎

標準でついているパームレスト(手のひらを置くところ)は、長時間プレイする人にはありがたいパーツです。あるとないとでは全然違います。

防水タイプにもなっているので、万が一のときにも安心ですね。

そこまでお金はかけたくないけど、それなりに良いものが欲しい!」という方におすすめなゲーミングキーボードです。

おすすめゲーミングキーボード:性能部門

Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switch(Razer)

プロゲーマー御用達のゲーミングデバイスメーカー「Razer」が販売するゲーミングキーボードです。

標準装備のパームレスト(もといリストレスト)は、Razerがこのゲーミングキーボード向けに特別に開発したもので、「エルゴノミクスリストレスト」と名付けられています。コスパ部門でおすすめした「G213 Prodigy RGB(ロジクール)」のパームレストと比べると、写真で見てもその差は歴然。

プロゲーマー御用達メーカーなだけあって価格は高めですが、全体的な性能はお墨付きです。

  • 道具は妥協したくない
  • 本気でゲームに取り組みたい

といったガチな人向けのゲーミングキーボード。

おすすめゲーミングキーボード:MMO部門

G910r(ロジクール)

MMOは多くのショートカットキーを必要とするため、MMO用に最適化されたゲーミングキーボードがおすすめです。

その点、G910rには多くのショートカットキーが搭載されています。なお、本製品はFF14の公式推奨周辺機器です。

f:id:mcr7760:20180828000350p:plain

キーボードの左端と左上部に「Gキー」と呼ばれる9つのショートカットキーが配置されています。このキーにゲーム内の任意のアクションを割り当てることで、通常のキーボードとは比べものにならないほど快適なゲームプレイが可能になります。

打鍵感・音は赤軸にかなり近く、軽めなキータッチです。青軸のようなスイッチ感はありません。

唯一の欠点がお値段なんですが、MMO用のゲーミングキーボードとしては文句なしの機能ですし、耐久性が高く長期間つかえることも加味すると値段相応の価値はあるはずです。

さいごに

2018年版、部門別おすすめゲーミングキーボードの紹介は以上となります。

ゲーミングキーボードは本当にいろいろな種類が販売されているので、自分自身が

  • どんなゲームをプレイするのか
  • どんな取り組み方をするのか

を考えた上で、それに合致するものを選ぶことが重要だと思います。

当記事がすこしでもその手助けになれば幸いです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。