ガジェット

【評価・レビュー】ナスネが最高だったので紹介&解説します!

みなさんこんにちは。

突然ですが、ナスネ、買いました。

 

 

最近ドラマをよく見るようになったんですが、どうしても放送時間に家に居られないときがあるわけです。

そんな時はやっぱり録画したい…。

というわけで、以前から気になってたナスネを買ってきました。

 

実際使った所感としては、タイトルにも書いたとおり最高でした。

さっそく当記事で紹介&解説していくので、購入を悩んでる人は参考にしてみてください。

ナスネ(nasne)とは?

f:id:mcr7760:20170616204703j:plain

※画像が古いので”PS3”と表記されていますが、”PS4”からでも使えます。

 

分かりきったことかもしれませんが、一応サクッと説明しておきます。

 

ナスネをひとことで言うと、

いろんな端末から操作・視聴できる録画機器」です。

 

一般的な家庭で使っているレコーダーは、録画した番組を見るとき、基本的にテレビに接続して、テレビで録画番組を見るっていう感じですよね。当たり前ですけど。

 

一方ナスネは、録画した番組をテレビでも見れるし、パソコンからでも見れるし、スマホからでも見れるし、タブレットからでも見れるし、PS4からでも見れます(PS4から見るにはテレビが必要ですが)

 

この機能がかなり良くて、「見たい録画番組はあるけど、まとまった時間がなくてなかなか見れない!」って方には最高です。スマホからでも見れるので、電車、タクシーでの移動中みたいな、ちょっとした空き時間を活用できます。ちなみに僕くらいの上級者になると、トイレ(大)で使います。

 

もちろん、録画した番組は端末にダウンロードできるので、通信量の心配もありません。適当に自宅のWi-Fiとかを使って、事前にダウンロードしておけばOKです。

 

トルネとナスネの関係

あれ? PS3で録画する「トルネ」ってなかったっけ? ナスネなの? トルネとは違うの? なんなの?

 

って思った方、たぶん結構いるんじゃないでしょうか。

僕も最初はそう思いました。

これについてもちょっと説明すると、

 

ナスネ
レコーダー本体のこと。
トルネ
ナスネを操作するアプリのこと。無料でダウンロード可能。

 

って感じです。

 

以前、「PS3で使うトルネ」が販売されていましたが、その認識とはちょっと違うので注意です。「PS3で使うトルネ」については、ここで説明すると逆にややこしくなると思うので記載しません。

 

とりあえず、いま現在のナスネ&トルネの関係は、上表の認識で間違いありません。

 

ナスネ(nasne)の開封&設置

ナスネの概要説明については以上で、ここからは開封&設置です。

 

▼箱。おもて面。

f:id:mcr7760:20170616190452j:plain

 

▼箱。うら面。

f:id:mcr7760:20170616190510j:plain

 

▼中身。ナスネ本体、説明書、電源アダプタ、LANケーブル、アンテナケーブル、B-CASカードが入ってます。

f:id:mcr7760:20170616190528j:plain

 

▼B-CASカードです。

f:id:mcr7760:20170616191019j:plain

 

▼これらを全部本体にぶっ挿します。

f:id:mcr7760:20170616191440j:plain

 

そしたら電源アダプタをコンセント、アンテナ線を壁の穴(なんて言うかわからない…、丸い端子!)、LANケーブルをルータ、それぞれに繋げればセッティング完了です。

あとはスマホやタブレット、PS4などでトルネアプリをダウンロードすれば、すぐに使えます。

 

開封はまあ置いといて、設置はめちゃくちゃ簡単です。

※当然ですが、ナスネを使うのはネットワーク経由なので、スマホやPS4はルータに接続している必要があります。

 

注意点:パソコン、タブレット、スマホから視聴するには有料のアプリが必要です

f:id:mcr7760:20170616212853j:plain

先ほど「ナスネはパソコンやタブレット、スマホからでも見れるんだぜ!」と豪語しましたが、実はパソコン、タブレット、スマホから見るには別途料金がかかります。

 

パソコンから見る

まずパソコンから見ようとした場合です。

パソコンから見るにはトルネではなく、「PC TV Plus」というアプリ(ソフト)が必要になります。

値段は下記のとおりです。

  • 体験版(14日間):無料
  • 製品版(パソコン1台用):3,000円+税
  • 製品版(パソコン2台用):5,400円+税
  • 製品版(パソコン3台用):7,200円+税

 

たっか……。

正直、僕もそう思います。

まあ1回買っちゃえばあとは使い放題なので、どうしてもパソコンから見たいって人は買ってもいいと思いますが…。

 

スマホ・タブレットから見る

スマホ・タブレットから見る場合、「torne mobile(トルネモバイル)」という、要するにトルネのスマホアプリ版を使用するわけですが、アプリ内で動画を視聴するには、視聴再生機能を解放する(買う)必要があります

 

お値段は600円

こっちは結構良心的です。正直無料で使いたいですけどね。

 

ちなみに端末ごとに課金する必要はありません。

スマホからもタブレットからも見たいって場合でも、600円の課金でオッケーです。どっちからでも見れるようになります。

 

僕はこれ買っちゃいました。600円ならまあいいかな。

 

操作性が最高

いろんなデバイスから見れる(課金が必要だけど)っていうのが、ナスネの良いところなんですが、もうひとつ言わせてください。

 

操作性が最高!

 

ちょっと文字で伝えるのは難しいんですが、とにかくシンプルで、直感的で、アプリ自体も軽くて、ノンストレスでサクサク動きます

操作性が良いっていうか、もはや気持ちいいレベルです。

 

とくに、PS4から操作するときはコントローラを使うので、超サクサク操作できます。

ここまで操作性が良いレコーダーって、他にないのでは??

 

結論:ナスネ最高

ナスネ最高。

正直、アプリ内課金が必要なのはどうなのよ? って気もしますが、600円ならまあ許容範囲内かなと!

 

というわけで以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。