映画

【感想・評価】ダンケルク|臨場感は凄いがストーリーにドラマ性は皆無

みなさんこんにちは。

今回はクリストファーノーラン監督の最新作、「ダンケルク」を観てきましたので、感想・評価を書いていきます(ネタバレは無しです)。

 

ではさっそく結論から、と言いたいところなんですが、

本作は「面白かった」とか「つまらなかった」とか、そういった端的な評価が出来るものではありませんでした。

ただ、間違いなく映画館で観る価値はあります。

(むしろ映画館で観ないとダメな作品かも)

 

ということで、詳しい感想は作品紹介の後に書いていきます。

それではいってみましょう!

ダンケルクとは

f:id:mcr7760:20170908194046j:plain

「ダークナイト」「インセプション」「インターステラー」などを手がけた、クリストファーノーラン監督の最新作。

ダンケルクとは、「ダンケルクの戦い」を指します。

第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つで、ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘である

輸送船の他に小型艇、駆逐艦、民間船などすべてを動員した史上最大の撤退作戦。

ダンケルクの戦い – Wikipedia

 

ダンケルクのあらすじ

f:id:mcr7760:20170908194407p:plain

フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。

背後は海。

陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。

 

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。

民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。

英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、数において形勢不利ながら、出撃。

こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。

果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?

映画『ダンケルク』オフィシャルサイト

 

補足知識:3つのパートが同時並行で進む物語

本作は「陸・海・空」の3つのパートに分かれており、それぞれの物語が同時並行で進んでいきます。

各パートには代表的人物(主人公)が存在し、基本的に彼らの視点からダンケルクの戦いを見ることになります。

 

【陸パート】イギリス人兵士・トミー

f:id:mcr7760:20170912145756p:plain

とにかく生き延びたいイギリス軍の兵士。

 

【海パート】民間船船長・ドーソン

f:id:mcr7760:20170912145822p:plain

使命感の強い民間船船。

救出作戦が発令され、所有する船を軍に明け渡す者が多い中、ドーソンは自ら危険なダンケルクへ向かう。

 

【空パート】イギリス空軍パイロット・ファリア

f:id:mcr7760:20170912145721p:plain

撤退する連合軍の兵士たちを爆撃から守るため、戦闘機スピットファイアを駆り、ドイツ軍と攻防を繰り広げる。

 

補足知識:時間軸のズレ

クリストファーノーラン監督作品では『時間を使ったギミック』が多く採用されていますが、本作も御多分に洩れずでした。

上記の3パートにおいて時間軸のズレが存在します。

 

どういうことかというと、

各パートは同じ100分(上映時間)を共有していながら、経過した時間はそれぞれ異なっているのです。

  • 陸パート→1週間(week)
  • 海パート→1日間(day)
  • 空パート→1時間(hour)

そして、これらの時間軸は映画の最後に集結します。

伝わりますかね…?

なかなか面白いギミックだと思うので、これから鑑賞する人は意識してみると良いかと!

 

ダンケルクの感想・評価

効果音(SE)による臨場感・没入感が凄い!

f:id:mcr7760:20170909235722p:plain

本作で最も感じられたのが、戦闘シーンでの臨場感・没入感だと思います。

プライベートライアンなど「戦闘シーンが凄い!」と言われている戦争映画はいくつかありますが、本作はそれらの中でも特に秀でています。

 

とくに印象的だったのが効果音。

これに関しては今まで観た戦争映画の中でも、間違いなくナンバーワンでした。

音の響き方がとにかくリアルで、本当にその場にいるような音の聞こえ方がするんです。

轟音を立てながら近づいてくる爆撃機が怖すぎて、観てるだけなのに心臓バクバク。

爆発音や地鳴りなんかも素晴らしい作り込みでした。

 

BGMが不協和音

f:id:mcr7760:20170909235751p:plain

この映画は「いかに観客の気分を悪くさせるか」を追求したんでしょうか…。

BGMが不協和音すぎて不快感が半端ないです。

 


映画『ダンケルク』メインテーマ曲 – The Mole

 

上記のメインテーマ曲、最初から重々しい雰囲気の曲ですが、2:25くらいから一気に緊迫感が増してきて、聴いてると徐々に息苦しくなってきます…。

この不快感はおそらく、ダンケルクの戦いがいかに絶望的であったかを表現しているんでしょうね。

 

ということで、BGMについてちょっと調べてみました。

すると「ノーラン監督は”無限音階”を効果的に使っていて、それが観客の緊張感を上手く煽っている」という内容の記事を発見。

 

クリストファー・ノーラン監督が映画「ダンケルク」でも効果的に利用している「無限音階」 – GIGAZINE

 

なるほど、確かに『ダークナイト』や『インセプション』でも、同じような音の繰り返し(無限音階)のBGMがありました。

今回も同じ手法が使われているようですね。

 

ドラマ性皆無なストーリー

f:id:mcr7760:20170909235922p:plain

淡々とリアルな戦場を描いていて、ストーリーにドラマ性は皆無です。

登場人物の過去などは一切語られませんでした。

正直、この点は少し不満に感じました。

実話ベースということもありますし、ドラマ性は敢えて捨てているのかもしれませんが、個人的にどうしても映画にはドラマ性を求めてしまいます。

 

ネットで色々な感想を見てみましたが、やっぱりドラマ性の無さに不満を感じる方は多いみたいですね。

「全体的に戦ってばっかりだから内容に起伏がない」という感想もありました。

うーん…確かに。

 

あと、作戦の規模も把握しづらかった気がします。

『ダンケルクの戦い』は、取り残された40万人もの兵士たちを救出する大作戦で、結果的に33万人の救出に成功しています。

東京ドームの収容数が約5.5万人なので、33万人って言ったら相当な数です。

なんですが、そこまでのスケール感は感じられなかったです。

むしろ「あれ…これで33万人救出したの?」みたいな。

 

監督としては、一兵士、一市民の視点で戦い映して、臨場感・没入感を出したかったのかもしれませんが、スケール感は犠牲にしてほしくなかったですね。

 

まとめ:臨場感凄い、緊張感・没入感もMAX、ただしドラマ性は皆無

f:id:mcr7760:20170910000515p:plain

クリストファーノーランが初めての実話に挑戦ということで、ちょっと不安を抱えながら鑑賞した本作。

正直、手放しに「良い映画だった!」と言えるものではありませんでした。

個人的には過去作の『インターステラー』『インセプション』『ダークナイト』の方が楽しめました。

 

しかし、やはりドラマ性が皆無だったのが気になりました。

同じ実話ベースの戦争映画だと『ローンサバイバー』『ブラックホークダウン』なんかはすごく好きなんですけどねー。

 

f:id:mcr7760:20170910000601p:plain

ただ、決してつまらなかったわけではないです。

繰り返しになりますが、臨場感・緊張感の演出は本当に見事で、擬似的な戦場体験ができると言っても過言ではないと思います。

そういった意味ではとても斬新な戦争映画でした。

 

おそらくIMAXか、或いは4DXで観た方が楽しめると思います。

逆に上映が終わってから家のTVでこじんまり観るとなると、かなり微妙な評価になりそう。

家のTVで観る場合はホームシアターとまでは言いませんが、せめてヘッドフォンはつけたほうが良いでしょう。

それくらい音に対するこだわりが感じられる作品でした。

 

というわけで、今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

クリストファーノーラン監督のオススメ過去作品

鑑賞済みの方も多いと思いますが、クリストファーノーラン監督のおすすめ過去作品を3つご紹介しておきます。

  • インターステラー
  • インセプション
  • ダークナイト

この3つはAmazonビデオで100〜200円くらいになっていて、手軽に観れます。

他には『メメント』なんかも有名ですが、あまりにも難解なストーリーで観る人を選ぶ映画なので、今回は外しておきます。

 

インターステラー

 

インセプション

 

ダークナイト

 

関連記事